二松学舎大学附属高等学校|デジタルパンフレット
15/24

「好き」を「仕事」に 小学生から理科が大好きで、少人数の実験が充実している国立大学を目指しました。受験科目も多くて大変でしたが、忙しい日々の中、心の支えになったのが、学校行事と部活動です。行事では、「爪楊枝アート」に取り組んだ文化祭が印象に残っています。また、理数科研究部では、皇居の水質調査・昆虫食などに取り組み、研究に対するモチベーションを保つことができました。将来は大学院に進み、研究員を目指します。好きなことを目いっぱい楽しむための両立 3年間ダンス部で活動し、部長と大会チームのリーダーを務めました。部活動を通じて、ダンスの技術面だけでなく、社会性についても多くの事柄を学びました。自分の好きな部活動に力を入れるためにも、意識的に定期テストや小テストに取り組み、勉強でも成果を出すことができました。将来は、高校の英語科教員を目指しています。この目標に近づけるよう、大学でも「両立」を心がけていきます。二松学舎で「未来を見つめ、自らを高めた」8人の卒業生。部活動と勉強の両立は自分次第 2年生から理系コースを選択しました。ここでは、苦楽という思い出を共にした大切な友達と出会うことができました。友達とは協力することで、苦手な部分を補い合いました。この学年の目標は「やり抜く力」。先生方から、自ら行動を起こすことの大切さを学びました。その結果、システムエンジニアという夢を描くようになりました。東京都市大学はインターンシップに手厚い大学です。周囲の人たちを幸せにできるような技術を身につけたいと思います。自分の目標ができた3年間 ギター部の練習と両立させるために、復習中心で学校の勉強に取り組み、定期テスト対策も3週間前からはじめました。医療系のニュースに興味があったので、次第に地域医療を支える病院で働き、心から患者さんに寄り添い、笑顔を与えられる看護師なりたいと考えるようになりました。受験勉強は大変でしたが、同じ目標を持つ友達と励まし合いながら、志望校の合格を勝ち取ることができました。14國學院大學文学部 外国語文化学科 在籍山梨大学工学部 応用化学科 在籍東京都市大学メディア情報学部 情報システム学科 在籍東京医療保健大学千葉看護学部 看護学科 在籍

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る