二松学舎大学附属高等学校|デジタルパンフレット
5/24

二松学舎大学 学長 江藤 茂博 先生東証アローズ2年 橋本 京香 さん (江東区立深川第八中学校出身)=・2年生からの「二松学舎“学び”のコース」 (大学と提携した学問によるキャリア形成プログラム)・3年生での大学授業の自由選択 (書道と中国語) 漢学塾を出発とする高校と大学は、互いに深い教育連帯を行っており、講義やカリキュラムの一部を提供しています。これにより生徒に将来につながる「学び」を得る機会を与えています。 アットホームな温かい雰囲気の中で、日々の授業は進みます。講義形式だけでなく、iPadや電子黒板など、ICTを使用します。また、相談しやすい環境が整えられているので、授業で難しい単元があっても、すぐに解決することができました。だからこそ部活動(吹奏楽部)と両立ができていると思います。これから1年間、自分の将来の夢に必要な力を身につけて、大学受験にチャレンジしていきます。読売新聞社 言語を学ぶには、記憶と生活への活用が必要です。知識を実生活に適用することで、実践的言語能力が身につきます。「間隔反復」という学習法で語彙や表現を覚えるとともに、自分の考えを意のままに伝えられるよう、繰り返し練習していきましょう。・オンライン英会話・海外語学研修(留学):台湾とオーストラリア・第2外国語(3年生での中国語と韓国語)・2名のALT04 「クラッシー」、MetaMoji「クラスルーム」、リクルート「スタディサプリ」などを活用したICT教育は、遠隔授業ツールとしても大きな力を発揮しています。英語科 古舘 美穂 先生ジェイコブ・ルービン先生未来のために、二松学舎が大切にするもの心を育て学力を伸ばす基礎的・基本的な「生きる力」を身につける高大連携主体性・多様性・協働性・九段フィールドワーク 二松学舎の位置する千代田区九段という環境を活かして、国会、金融機関、司法機関、新聞社、博物館、美術館など、自分で選定した学校周辺の国家的・社会的施設をグループ単位で調査します。そして生徒一人ひとりがその内容をまとめ、発表します。知識・技能・充実の授業・豊富な課外講座思考力・判断力・表現力・毎週土曜日の 「Nisho Weekend Column」 (新聞のコラムを教材とするプログラム)・3年間全生徒に貸与する「iPad」グローバル力What's NISHOISM?

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る