正則高等学校|デジタルパンフレット
16/36

■ MAKE A NEW START■ PAGE  15GRADUATE’S VOICE大学受験を迎えるまでには数多くのタスクがあります。限られた時間の中で、それらを同時並行で実行することは非常に困難ですが、手助けしてくれるアイテムがあります。それは学習手帳です。正則高校では一年次から手帳を使用します。授業の時間割だけでなく、毎日の勉強計画や模試・検定試験に向けての日程調節や対策を手帳に書き込むことで、自己管理の手助けになります。また、週に一度先生に提出した手帳は、丁寧なフィードバックを受け、今後に活かしていきます。私が大学受験を後悔なく終えられたのは、手帳とフィードバックのおかげです。正則高校での様々な経験が自分の視野の狭さを自覚させ、これを克服するにはまず知識を増やすことが必要だと知りました。だからこそ、日々の「机の上の勉強」を真剣に取り組むことができたのです。また、様々な活動に打ち込む時、いつも先生や仲間の存在がありました。全ての活動をやりきるには、すごく忙しくて、自分の弱さで負けそうになる時もありました。そんな時、周りには自分よりも頑張る仲間の姿があり、そんな姿に励まされ、頑張ることができました。多くの人達の支えがあったからこそ文武両道ができ、進路実現に繋げられたと思っています。正則高校での授業はとにかく「考える」ことが多いです。日々の生活で常識だからと、深く考えずにいたことが沢山ありましたが、学校ではそういったことへの疑問を沢山投げかけてくれます。その積み重ねは、分からないことがあったらそのままにしておかないという、当たり前のようで気付かないことに気付かせてくれました。それは特に勉強の面で実感しました。先生方も僕達が「考える」ための手助けを付きっきりでしてくださいました。正則高校での3年間は、何となくあった勉強や普段の生活への不安を確固たる自信へと変えてくれた3年間でした。学習手帳の存在が大学受験までの道しるべとなりました青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科 荒木 大悟さん今の私があるのは、部活、委員会、行事、学習旅行などといった、机の上だけでない学びをここで経験できたからです法政大学 生命科学部 生命機能学科 石鍋 理子さんなんとなく過ごす高校生活ではなく、考える高校生活を送れました明治大学 商学部 商学科 中西 凜太郎さん卒業生の声進路を実現し、学び続ける卒業生

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る