中村高等学校|デジタルパンフレット
11/24

多くの探究活動を通じて、課題解決のスキルや表現力を高めます。1・2年次は、「総合的な探究の時間」にそれぞれ4単位時間を配当し、様々な探究活動を実践します。常に活動発表の場が設けられるので、自然と表現力や発信力が身につきます。こうして得た力を武器に、総合型選抜、学校推薦型選抜を中心に国公立大・難関私大を目指します。1年次には、地元の深川や江東区に目を向けた探究フィールドワークを実施します。自ら立てた問いについて、自らの足を使って情報収集し、最終的にはポスターセッションなど発表の場を設けます。3年間を通じて、とにかく発表や発言する機会、自己評価や他者評価といった機会が多く設けられています。こういった機会を通じて、いろいろなことに対して「自分ごと化」できるような意識が身についていきます。企業が提供する探究プログラムに参加し、社会的なミッションに取り組んでいきます。社会的な問題点を通して、課題解決型学習(Problem-Based Learning)を軸とした探究活動を実践し、問題解決のためのスキルを身につけます。09 10 個人探究、PBL型学習、探究フィールドワークなど、様々な探究活動を実施する探究型カリキュラム探究フィールドワーク主体性がとにかく育つPBL型探究活動普通科探 究コース

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る