中村高等学校|デジタルパンフレット
5/24

すべての学問・学力の土台となるのが日本語力です。毎日授業が始まる前には朝読書の時間を設けるなど、全校あげて読書を推奨しています。日々の授業では文章読解力及び語彙力のアップに努めています。また、作文や小論文、教科のレポート課題など、思考を文字化する機会を多く設けています。ほとんどの生徒が年間で20本を超える表現機会を有しています。読む・書く・聴く・話すの4技能をバランス良く学び、年2回実施するTOEFLでその到達度を確認しています。目指すのは意思疎通できる英語力。生きた英語に触れる機会を多く設けています。理科で扱うのは身の回りにあるモノや現象です。基礎科目のあと幅広い知識を身につける専門科目へと学びを進めていきます。特に6年次の選択科目では少人数で丁寧にきめ細かく指導しています。論理的な思考力を養成するため、結論を導くためのプロセスである考え方を重視しています。授業と家庭学習の連動により学習効果を高め、5年次から進路希望毎に科目が設定されています。主体的に社会の形成に参画しようとする態度を育てるために、各科目を幅広く学びます。またその学習を通して人間としての生き方について選択・判断する力や、現代的な諸課題を総合的に考察する力を養っていきます。NAKAMURAISMNO.01NAKAMURAISMNO.02NAKAMURAISMNO.04NAKAMURAISMNO.03NAKAMURAISMNO.05SCHOOL GUIDE20230304認知型学力を身につける5教科の取り組み国語英語理科数学地理歴史・公民

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る