青稜高等学校|デジタルパンフレット
34/36

川品至東海道新幹線JR横須賀線東急田園都市線東急目黒線東急大井町線JR南武線メトロ日比谷線メトロ南北線都営三田線東急池上線JR京葉線京浜急行JR京浜東北線りんかい線都営浅草線東急東横線JR京浜東北線至品川りんかい線至大崎至自由が丘大井町駅33西大井駅豊葉の杜学園地下道NFパークビルニコン西大井広場公園●マルエツプチ品川区中小企業センター下神明駅防災センター品川区役所東急大井町線●ローソン品川区立二葉図書館セブンイレブン●●ローソン丸正●二子玉川自由が丘溝の口田園調布多摩川四季劇場イトーヨーカドー中央口●ファミリーマート●東横イン阪急〒142-8550 東京都品川区二葉1丁目6番6号TEL.03(3782)1502 http://www.seiryo-js.ed.jp/メトロ副都心線メトロ半蔵門線渋谷恵比寿目黒中目黒五反田JR山手線大崎大岡山旗の台中延西馬込東急多摩川線下神明大井町西大井蒲田JR横須賀線新宿湘南ライナー武蔵小杉川崎横浜東京新橋品川新木場東京テレポート京急蒲田京急川崎昭和13年 創立者青田瀧藏 青稜中学校・高等学校の母体である青蘭商業女学校を 昭和18年 文部省認可により、財団法人青蘭高等女学校として発足。昭和22年 学制改革により学校法人青蘭学院中学校・高等学校に改称し中学校開校。 昭和24年 勤労者の為に青蘭学院高等学校に定時制を設置。昭和60年 ワープロ教室設置。検定試験の実験模擬校に指定される。平成6年 青蘭学院高等学校の商業科募集停止。普通科のみの学校に移行。 平成7年 青田幸夫メモリアルホール完成。 平成9年 青稜高等学校特別進学コースを男女共学とする。平成23年 新校舎建築工事着工。平成26年 新校舎完成。令和2年 青田泰明 第11代校長に就任。東京市荏原区下神明町(現 品川区二葉町)に創設。同時に高等学校に普通科と商業科を開設。東京都、本校を環境学習推進校に指定。校名を青稜中学校・高等学校に変更。中学校を男女共学とする。長野県八ヶ岳山麓に校外施設「青蘭寮」建設。[交通のご案内]渋谷駅より 東京駅より 横浜駅より 市川駅より 二子玉川駅より 直通 溝の口駅より 直通 [最寄り駅より]東急大井町線 下神明駅より 徒歩1分JR京浜東北線 大井町駅より 徒歩7分りんかい線 大井町駅より 徒歩7分JR横須賀線 西大井駅より 徒歩10分品川のりかえ 22分自由が丘のりかえ 25分19分直通 30分直通 東京のりかえ 43分23分27分「意志の教育」「情操の教育」「自己啓発の教育」教育目標アクセス男女共学6年一貫沿革主体的に生きる個の確立

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る