自由ヶ丘学園高等学校|デジタルパンフレット
16/32

�� アスリートとして競技力を高めるとともに、スポーツに関する幅広い教養を身に付けることを目指し、「スポーツ科学」や「スポーツ栄養学」「スポーツ心理学」など、多角的な視点からスポーツサイエンスの基礎を学びます。 また令和3年度からアスレティックトレーナーも常駐し、各競技へのサポートをはじめ、スポーツコンディショニングについての知識も蓄えることでフィジカルとメンタルの両方を強化し、国際舞台でも活躍できる実力と人間力を育成します。特色ある授業例スポーツ科学スポーツ心理学スポーツ文化探究スポーツ栄養学コーチング理論異文化コミュニケーションデータサイエンス探究アカデミック目標検定など英検2級を目標TOEFL検定推奨短期留学推奨目指す大学レベルGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)体育系・スポーツ科学系の学部学科などAC保健・体育科担当 田野倉 翔太 先生 ASアスリートコースの特色は、スポーツ科学をはじめ、スポーツ心理学やスポーツ文化探究など様々な角度からスポーツを学ぶことです。スポーツ科学では、速く走る方法や高く飛ぶ方法など、運動の軸となる基本動作を講義と実践から学びます。スポーツ心理学では、昨年度はオリンピックメダリストによる講話を聞き、世界で活躍するトップアスリートのマインドセットを学びました。また、体育系大学の施設見学や出張授業などもあります。スポーツを楽しく学ぶ環境が整っているので、GMARCHや日東駒専だけでなく、体育系大学を目指す方も十分に満足できるコースだと考えています。ASアスリートサイエンス コース競技力向上とともに、アスリートの視点からスポーツサイエンスを学ぶこのような方におすすめ競技者(アスリート)やスポーツに興味があり、勉強とスポーツの両立を目指す方におすすめのコースです。またスポーツ科学(心理・栄養)を学んで、健康や体育・スポーツ系の大学や学部学科などを目指し、学習していきます。

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る