八雲学園中学校高等学校|デジタルパンフレット
14/24

私八13雲学園は年間を通してたくさんの行事があります。文化体験では、実際に自分の目で見たり、聞いたりすることで新たな発見や様々なことに興味を持つきっかけが得られます。また、体育祭や文化祭などはクラスや学年で一つのものを作り上げていくことに加え、学年の枠を超えて協力し合いながら行事の成功を目指します。そして、たくさんの人と関わる場面が多いのも八雲学園の特徴です。私は、中学3年生から文化祭を運営する文化祭本部委員に入りました。文化祭本部委員は中学3年生から高校3年生が所属していて、全員が意見を出し合いながら活動することでより良い文化祭を作ることを目指しています。高校2年生で本部委員長に任命され、コロナ禍という状況下での文化祭運営ということもあり、全体の中心として皆をまとめることの大変さや苦労もたくさんありましたが、新しいことを達成できた時の喜びを味わえ、何事も前向きに捉え、主体的に行動することの大切さを学ぶことができました。この6年間で数多くの行事を仲間たちと経験することで人間としてより一層成長出来ました。 学習面でも先生方は、いつでも優しく親身に接してくださり、質問に行けば、私が理解できるまでわかりやすく丁寧に教えてくださいました。受験前は問題の添削や個別指導をして頂き対策することが出来ました。そんな先生方のサポートのおかげで受験も乗り越えられました。八雲学園で過ごした6年間は私にとって貴重な体験ばかりでかけがえのないものです。雲学園の英語教育は私を大きく成長させてくれました。例えば中学生のイングリッシュパフォーマンスやスピーチコンテスト。高校1年生の時に参加した9カ月プログラムの授業で行ったプレゼンテーション。高校2、3年生ではその体験談を学校説明会の際に発表するなど、たくさんの機会に恵まれました。 英語を話せるだけでなく、聞き取る力や自分の意見を主張し、同意を求めるということは大学でさらに重要になっていくと思うので、八雲学園でしっかりとした基礎を習得できたことはとても良かったです。 また、外部の英語検定が大学入試に活用できることを知り、その前提として高校2年生の時に英検準1級を取得することができたのも八雲学園での英語学習のおかげでした。 八雲学園には職員室に質問をしに行くと親身に答えて下さる先生方がいらっしゃり、また広々とした静かな空間で勉強に集中できるメディアセンターもあるため、私は入試本番直前まで積極的に登校していました。 昨今のグローバル社会において、この八雲学園で学べることは将来の大きなアドバンテージになると思います。は受験勉強をほとんど八雲学園が行っているプログラムを活用していました。特別進学プログラムや補習をフルに活用し、学校内で知識を身につけ、自習で記憶を定着させることで成績を徐々に伸ばしていきました。先生方はとても親身になって勉強の相談に乗ってくださり、分からないものを分かるまで質問にのってくださいました。先生と生徒の距離が近いことが八雲学園の強みだと思います。 勉強以外でも、八雲学園では様々なことを学ぶことが出来ます。今日の困難な状況下でも八雲学園は沢山の行事を開催してくださいました。修学旅行で行った平和学習では自国の歴史を学び、これから先を生きる我々が何をしなければならないのか、自身の将来を考える契機となりました。 6年間の色濃い様々な経験が、心理学を学びたいという思いへ繋がっています。八雲学園に通い、先生方と出会って過ごした日々に感謝しています。Supporting students to meet their specifi c goals.自由で希望に■れつつも、確信を持てず不安もある将来への道そんな人生の岐路で毅然と進路を定めた生徒を全方位で支援します大井理紗子 さん明治大学文学部心理社会学科臨床心理学専攻志望大学に合格した先輩に聞く「私の合格へのステップ」八宮代芽衣 さん東京薬科大学生命科学部生命医科学科高寺茅帆 さん立教大学経営学部国際経営学科いま、未来地図を描き始めた生徒凜とした決意を全力でフォロー

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る