下北沢成徳高等学校|デジタルパンフレット
13/28

89いよいよ最終の発表。プレゼンテーションを録画し、資料データとともに企業に提出。審査を受け、全国大会に出場できる優秀チームが決定します。企業探究メモところで、ちなみに、12Q.企画や作品の注目ポイントは?「廃棄になるはずの玉ねぎの皮を生かした美容品」というところです。Q.苦労したことは?他にはないテーマをあげることはできたものの、どのように展開していくのかが難しかったです。チームに重い空気が流れたことも多々ありましたが、その度に話題転換し、雰囲気を変えていきました。そうすると自然とアイディアがポンポンと出て、前進できました。Q.企業研究で学んだこと、これから生かしていけそうなことは?本気で取り組めば仲間も自分も高め合い、最高のものをつくり出せることを知りました。それだけでなく、大人たちがたくさんの苦労をしながら、新しいものを作っていく“大人が生きる世界”を垣間見られたことはとても良い経験でした。生徒たちの視野が広がり、明らかに成長を感じます。企業探究担当 理科教諭 渋谷 浩正解のない答えを自分の力で見つけ出し、それをほかの人たちに評価していただく。そんな、教科授業では体験できないことを総合的に学んでもらいたいと考えています。また、完成を目指して取り組む姿勢も大切です。この取り組みの過程を通じて生徒たちの視野が広くなり、明らかに成長したことを感じとれます。テストの点数のような数値で表すことができない総合的な力の向上が、社会に出たときの強い対応力につながると確信しています。社会への関心を高め協働力、プレゼンテーション力を培う実践型教育の「企業探究」実在する企業を教材として、フィールドワーク、アンケート調査、企画会議やプレゼンテーションなどの企業活動の実務を体験しながら、働くことの意義や経済活動について学ぶ、(株)教育と探求社が開発した探究型の教育プログラムです。2020年度協賛企業①朝日新聞②アデコグループ③カルビー④大正製薬⑤大和ハウス工業⑥テレビ東京⑦博報堂⑧パナソニック⑨富士通Q.企画や作品の注目ポイントは?「突拍子もない提案」というところです。22世紀の世界のようです。Q.苦労したことは?今の世界では実現が難しいアイディアばかり出てしまい、それを実現させる為の仕組みや、経費は想像がつきませんでした。中間発表では「現実味がない」という意見が多く、自信が持てませんでしたが、「誰も思いつかない突拍子もないアイディアを大和ハウスさんは受け入れてくれるよ」というアドバイスのおかげで、最後まで突き進めました。Q.企業研究で学んだこと、これから生かしていけそうなことは?プレゼンテーション力の向上と、仲間の意見を尊重し自分の意見も交えて、チームで物事を進めていくというスキルも身につき、今後に生かしていけそうです。⑩三菱地所⑪メニコン⑫野家ホールディングス校内発表企業へのエントリー企業賞を受賞しました2014年大和ハウス賞2015年富士通賞全国大会出場!「企業探究」への取り組みはこちらから▼step5step6クエストってなに?どんな企業があるの?「企業探究」授業で大切にしている3つのこと1.いろいろな個性の仲間とチームになって取り組むこと。2.その場で考え、その場で発表し、他の意見を聞くこと。  活発に話しあうこと。3.結果に至るまでのプロセスで、何を学んだか、  チームにどんな貢献ができたか、常に振り返り、  改善を積み重ねていくこと。10優秀賞を受賞した各企業の代表10チームが、全国大会の場でプレゼンテーションを披露します。そこではインターン先の社員の方が審査を行い、企業賞が決定されます。各社の代表である企業賞獲得チームはセカンドステージに出場し、その中からグランプリ・準グランプリが選ばれます。Team:もーもーず( 野家ホールディングス)Mission:「かけがえのない存在」となるために、飲食業の新しい可能性を開く事業を提案せよ。校内発表全国大会Team:共和政(大和ハウス工業)Mission:「生きるを面白く」する大和ハウスの新たなビジネスを提案せよ!

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る