下北沢成徳高等学校|デジタルパンフレット
7/28

4国際感覚が身につくつのPoint!■Global Studies■French■Debate■Speaking Skills :英語で自己表現する。■Listening Skills :英語で聞き取る。■Writing Skills :英語を書き慣れる。■Reading Skills :英語で読む。3年間の日常生活で、総合的に英語力が高まる環境で学びます。1年次と2年次には、英語を母語とするネイティブ教員が、クラス担任と一緒になってホームルーム活動を行っています。ホームルームを英語で行うだけでなく、学級日誌もすべて英語で書きます。日常会話やさまざまなホームルームアクティビティを通して、自然と国際感覚が身についていきます。Point1Point2Point3Point406英語の他に、2・3年次には中国語、またはフランス語を履修します。ネイティブ教員による指導で、より異文化理解力とコミュニケーション力を高めます。フランス語の授業は全て英語で行います。「校内スピーチコンテスト」で学習の成果を披露します。4技能をバランスよく学び、世界への視野を広げていきましょう。GLコース担当 英語科教諭 佐々木 里恵持続可能な社会の実現ため、国境を越えた取り組みが行われています。世界に通用する力を磨くことは、ますます重要となっています。GLコースでは、4技能をバランスよく学び、確かな英語力を身につける中で、世界への視野を広げていきます。国際情勢を題材にした授業もあり、自国と他国の文化や社会を多面的に理解する力を深めます。その力を応用し、問題を解決する姿勢を身につけてほしいと考えています。GLコースには様々なことに挑戦できる環境があります。広く社会で活躍できる女性になるため、一緒にがんばりましょう。例年、各国から留学生を受け入れています。授業や行事、クラブ活動などの学校生活を共に過ごします。留学生と出会い、時間を共有していくことで遠く離れた国と感じていたものが、親近感を持てるようになるのも他では味わうことのできない貴重な体験です。近年の受け入れは、フランス・ドイツ・デンマーク・ノルウェー・ルクセンブルク・アメリカ・ブラジル・スイスなどです。Teacher’s Message「英語を学ぶ」と「英語で学ぶ」を両立して、英語力アップ。英語を学ぶ授業■English Expression Ⅰ Ⅱ Ⅲ■English Communication Ⅰ Ⅱ Ⅲ■英語外部試験講座  ■英語演習豊富な授業時間を活用し、英語の基礎を学びます。英語らしい表現を身につけ、コミュニケーション能力の向上を図っていきます。英語で学ぶ授業■International Understanding■Academic Writing■Japan Studies■Home Economics他教科でも英語で学ぶ「パーシャル・イマージョン教育」を採用。国際的視野に立ち、考え、行動する力が養われます。Bilingualを超え、Trilingualへ。英語漬けの環境。留学生との交流。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る