国学院高等学校|デジタルパンフレット
6/32

KOKUGAKUNHGHSCHOOL|GUDEBOOK2022沿革II I 明治15 明治23 明治39 昭和23 平成30 國學院大學設立の告諭高校に入学した皆さんには、「頭は文化的に、身体は野性的に。」をモットーに日々の生活を送ってほしいと思います。脳や身体の成長期に当たる高校時代は、色々な能力を身につけ、今後の人生の基礎となる部分を培うことが大切です。本校では、日々の勉強のほかに文化祭や体育祭等の学校行事、歴史・文学等の国内研修、またそれを海外に発信するための実践練習としての海外研修等希望者による行事にも力を注いでいます。国学院高校で身につけた力は、どの大学に進学しても、また社会人になったときにも、役に立つと信じています。皇典講究所が現千代田区飯田橋に創設される皇典講究所内に國學院が設立される私立國學院大學と改称国学院高等学校開校される開校70周年有栖川宮幟仁親王昭和31年撮影の神宮外苑本校の母体である國學院大學は、「もっと日本を。もっと世界へ。」を掲げ、学問・スポーツ等に邁進しています。高等学校である本校では、その基礎となるものを身につけるため、「教」と「育」の両方を大切にし、学習面ばかりでなく人間的にも大きく成長できるよう、バランスのとれた教育を目指しています。素直で真面目な生徒が多いことも、基本を大切にする国学院高校の特長の一つといえるでしょう。生徒一人ひとりが学問・スポーツ・芸術等の素晴らしさを知り、将来は世界で活躍する社会人となるよう指導しています。国学院高等学校沿革05頭は文化的に、身体は野性的に。学校長 津田 栄バランスのとれた教育で、世界に貢献できる人間を育てたい。

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る