東京農業大学第一高等学校・中等部|デジタルパンフレット
23/36

6校時14:005校時13:004校時11:303校時10:302校時9:301校時8:309:30-10:20登 校8:00SHR8:208:30-9:20昼休み12:20終礼14:55放課後女子合計11020812718310118422中等部男女別生徒数授業スタイル午前の授業(1校時〜4校時)□時間割例(中1)社会理科社会数学理科英語英語数学国語国語書写家庭音楽英語体育音楽国語体育午後の授業(5校時〜6校時)英語数学美術美術昼休み部活動/帰宅クラス数男子中198中256中383※最終下校 17:30月火水木金土6551校時理科体育2校時理科英会話3校時英語技術10:30-11:204校時国語社会11:30-12:20昼休み 12:20-13:005校時数学道徳13:00-13:506校時14:00-14:50数学特活農大一中の1日実験・レポート「実学」を重視する本校の理科系実験授業は6年間で80以上。実験の授業では、「仮説を立て、実験を行い、結果を検証する」サイクルを行います。さらに、その後は生徒一人ひとりが「考察し、レポートにまとめる」訓練を繰り返し行うことで書くことに対する抵抗感がなくなります。この一連の学習サイクルは、その後の大学入試などにもつながる記述力、論述力の基礎になります。少人数・習熟度別授業生徒一人ひとりの理解をより深めることを目的に、「英語」と「数学」の2教科では必要に応じて「少人数・習熟度別授業」を導入しています。少人数でのきめ細かい学習指導を行いつつ、習熟度に応じた最適なクラス編成を柔軟に行うことで、より発展的な学びにつながっていきます。オールイングリッシュ「実学」として近年特に力を入れているのが英語教育です。本校では英語の授業時間を多くし、一部の授業で英語以外を使わない「オールイングリッシュ」形式を採ります。中1ではEnglish Camp、中2ではアチーブイングリッシュキャンプという「英会話合宿」も実施。中学では毎年全員参加の英語スピーチコンテストもあります。確認テスト主要5教科では単元ごとに「確認テスト」を行い、授業内容がしっかりと身についているかを確認し、振り返っています。この確認テストで解けなかった課題は放課後の補習や再テストを通じ、できるようになるまで取り組みます。生徒の苦手や誤った理解を早期に発見し、担当教員がフォローアップを行います。Nodai 1 STYLE

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る