東京農業大学第一高等学校・中等部|デジタルパンフレット
9/36

LEARNNGもっと発言しよう!聞いてくれてる!未来の自分はI08【テーマ探し】ポジティブフィードバック【テーマ決定・調査実施】アクティブリスニングオーバーコミュニケーション【資料作成・発表】各自の興味関心のある課題・テーマを設定し、研究考察し論文を執筆することで、中学3年間の学習や生活の集大成とします。研究論文に基づいた発表を行い、プレゼンテーションの能力を養うとともに、その成果を相互評価することにより、今後の学習・生活の指針にします。■課題研究発表スケジュール■グループワークのルール予測不能な時代に生き抜く力を育むキャリア教育を、特別活動の授業で実施。用いるのは、自ら発想し、行動することを目的としたワーク形式の「ENAGEED」というプログラムです。「未来に必要な力」「今はない未来の仕事」といった「正解のない」テーマに向き合い議論します。他者の意見をポジティブに受け止め反応するのがルール。肯定的なフィードバックを得る経験を通して、自分の考えを積極的に表現し、行動するマインドを育みます。いいね!面白いですね!探究心を育む中1問題解決力を育む興味・関心のあることを50個書き出し、3個にしぼるStudent’s Voice関連資料を集め、実際に調査し、内容をまとめるうんうん!なるほど〜!中1〜中3中2中1・中2発表資料を作成、完成した論文の発表すごく面白い!めっちゃいいね!中3パワーポイント、動画などで中学3年田中 仁樹このアイディアもいけるかも!ENAGEEDの授業を通して学んだ「未来の自分がどうあるべきか」ENAGEEDの授業は環境問題やAI(人工知能)技術が社会にもたらす影響などについてのテキストの設問をきっかけに話し合い、考えを深める時間です。例えば、「デキル王国とデキナイ王国」という、捉え方を変える力について学ぶ動画ではポジティブ・シンキングの大切さを知りました。環境問題など、すぐに答えが出せない問題にもいろいろな意見があることを知り、自分なりに考えることで、自分がこれからの未来に向けてどう行動していくべきかを深く考えるようになりました。課題研究発表ENAGEED

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る