新渡戸文化高等学校|デジタルパンフレット
13/20

出会い人生を変えるきっかけの1つは「旅」。「体験に勝る学びなし」を実現するために、行先の決まった修学旅行ではなく、コースの特性を生かした高1・高2合同のスタディツアーを実施します。探究進学コースでは、長期休業中の選択ツアーを含め、年に1回以上の旅を選択できます。ツアーをデザインしている地域では、人口減少など日本のこれからのリアルな課題と、その解決に尽力する大人との出会いが約束されています。以下に紹介した地域以外にも、各コースでツアーをデザインすることも可能です。クロスカリキュラムでは、「本物」の出会いにこだわります。一人ひとりの「この人に会ってみたい」、「ここに行ってみたい」、をアシストします。学校という枠にとらわれず、同じ課題や志を持った人とつながることができます。この出会いは、社会課題を「自分ごと化」する絶好の機会になります。出会いをモノにする力は、皆さんの本物の学力につながります。オンラインは時間と空間の壁を超えました。オンラインを社会の窓にして、日本や世界の「本物」の大人や同年代の若者とつながることができます。● 生徒の声 「たくさんの人とつながって貴重なお話を聞けて、自分の視野が広がりました。特に、他県の高校生と交流できたことがよかったです。」オンラインオンラインリアルな地域課題と向き合うための体験型のプログラムをつくることも、選ぶこともできます。写真は三鷹の冨澤ファームでの実習の様子。● 生徒の声 「玉ねぎを収穫。私は玉ねぎの茎を切る役割でした。初めて参加した放課後活動をきっかけに、他の活動に参加する意欲が生まれました。」 リアルな地域課題リアルな地域課題企業連携によるプロジェクト型学習企業連携によるプロジェクト型学習多様な企業に訪問、連携し、社会課題の解決を考えます。写真は日本サステイナブル・レストラン協会メンバー「レストランKIGI」でのワークショップ。● 生徒の声 「規格外野菜を提供しているレストランを訪問し、取り組みを学びました。食品ロスの問題について身近に考えることができました。」 12多彩なスタディツアー 1_檜原村プロジェクト 2_三重プロジェクト 3_徳島プロジェクト 4_台湾スタディツアー 5_セブ島スタディツアー(フィリピン) 6_ボルネオ島スタディツアー(マレーシア)  旅142536  

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る