新渡戸文化高等学校|デジタルパンフレット
16/20

be Sports CourseNito多様な視点からの新たな発見学校の授業とアスリートとしての活動(トレーニング・長期遠征・大会出場など)を両立できるのがスポーツコースの特徴です。活動は公欠扱いとなり、授業内容はレポートなどでフォローします。校外で体幹トレーニングを学んだり、体育大学で授業を体験したりするとともに、校内ではメンタルトレーニングなども実施。コーチとは別の立場でアスリートに寄り添います。2020年に卒業した第1期生は、インターハイや国体に出場しながら、第1志望の難関大学に合格することができました。私は小さい頃からフィギュアスケートをやっていました。小学生の頃、スケートに集中できる学校がないかと探していた際に、先輩から誘われ、中学から入学しました。このコースの最大の魅力は、オンラインなどを活用し、ゲストの方に新たな視点から技術向上につながるアドバイスをいただけることです。私自身も、さまざまなお話を聞き、視野が広がったことで技術面でかなり良い結果を出せました。自分が今まで関心を示してこなかったスポーツのことを知ることができることも魅力の1つです。今後もたくさんのことを吸収し、全日本ジュニアを目指して前進していきたいと思います。Interview 03【【 得られるモノ】】● アスリートに必要な知識● 校外活動を支える公欠や個別対応● 進学に必要な基礎学力【【 求める生徒像 】】各種スポーツでの活動実績があり、入学後も継続する意志のある生徒。自身でクラブチームなどでの活動をしつつ、高校生としての基礎学力を身につけて進学を希望する生徒や、アスリートとして道を切り拓く生徒。【【 主な合格校 】】(過去2年分) ・ 明治大学(法/商)学業もアスリートの活動も両立できる理想の環境。1年生15スポーツコースの体育の授業    K.T.さん(学年は2021年2月取材当時のもの) 積み重ねた1分1秒が躍動を生むスポーツコース

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る