佼成学園高等学校|デジタルパンフレット
9/24

08SOCIAL STUDIESSCIENCEHEALTH AND PHYSICAL EDUCATIONARTHOME ECONOMICSINFORMATION STUDIES高校1年次には、地歴(地理・世界史・日本史)・公民(倫理・政治経済)の基礎を固めます。高校2年次からは、大学受験科目の学力の習得だけでなく、自ら問いを立て、探究する学びの姿勢を育てます。高校3年次は、演習を通して大学受験に即した学力を鍛錬。あわせて、単なる知識の確認に終わらないように議論したり、論理的な説明文章をまとめたり、発表したりする時間も設けています。選択した科目を3年間継続して学習できる環境を整え、広く深い知識が得られる学習内容を配置しています。社会科主任河野 真巳先生高校2年修了時に、物理・生物のおおよその内容を終え、高校3年の1年間は大学入試準備や実験、探究活動に専念します。化学・地学は高校3年の1学期修了時までに内容を終え、2学期は大学入試準備や実験、探究活動を行います。科目ごとに行う多くの実験は大学進学を視野に入れて実施しています。またiPadやアプリを使った撮影や分析などを駆使して作った資料や映像、課題などを配信することで、より効果的に理解が深められます。理科主任秀島 尉浩先生柔道や球技種目、器械体操など一般体育では、より高度な技術の習得をめざしながら協調性や積極性を育成。生涯スポーツとしての運動の楽しさ、大切さを感じとれるような指導を心がけています。保健ではICTを活用。多角的視野から健康についての知識が獲得できるような授業を実践しています。音楽では、歌唱や演奏、鑑賞、作詞作曲活動などを通して、生涯音楽を愛好し育んでいける心情を養います。美術は人物クロッキーや生物デッサンなど空間を意識した描写力や構成力を育てます。書道は精神的な静と腕を動かす動の世界を同時に表現します。※ 難関国公立コースは書道指定。グローバルコースは美術指定。来たるIoTやAIの時代に向けて、手を動かしながら作品を作り、時代に必要なスキルを身につけていきます。世の中の情報を自分で観察、洞察、分析、表現することはとても大切です。情報科ではこれらの能力を授業を通してより発展的に学んでいきます。文理コースは音楽、美術、書道から1教科を選択します。カリキュラムの詳細はこちら運動に親しむ習慣を身につけ、健康な生活に必要な知識や態度を学ぶ表現する喜びを経験し、個性豊かな人間性を育む「自立」と「共生」をめざして今日の社会では、誰しもが自立した生活を送り、互いを認め合い共生していくことが求められています。本校の家庭科では、そのために必要な衣食住や消費生活についての知識とともに、実際に行動、理解し、自立した生活者をめざします。トライアル・アンド・エラーを繰り返し自分の表現力を身につける保健体育芸術家庭情報社会生活に必要な教養、自ら設定した課題解決を目的に探究的な学びを習得自然科学に対する問題解決に向けて、定量的に分析する能力を育成する社会理科

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る