国学院大学久我山中学高等学校|デジタルパンフレット
6/32

る荒意味削、特別り感のこあるそ学校校大とといい切ううここなとともも要素i   i         聡3です。それは、机を離れた様々な場面でも言国学院大学久我山中学高等学校えるのではないでしょうか。ですので、生徒には「まずやってみよう」、と声をかけたい。思うような結果が出なかったとしても、その過程から「精度」が生まれる2年 女声合唱部須崎 香帆さんのですから。男子部長横山Kugayama制作しました。意識したのは、女子部にも楽しんでもらえる内容かどうかでした。どうしても男子目線になりがちな日常の中で、ふと立ち止まって女子がいることを意識することは、ものすごく意味があると思います。髙橋男子は女子を、女子は男子を思いやり、共に成長できる機会が、学校生活や学校行事の中にあるということですね。須﨑私は英字新聞『The日、男子と一緒に取材に行く中で、久我山という学校で学ぶ生徒同士の連帯感、絆のようなものを意識することができました。学年を超えた男女のコミュニケーションも楽しかったです。髙橋実は受験界では長いこと、男子の方が別学志向が強く、女子は共学思考が強いと言われていました。果たしてそれは本当なのかと、6年前、『TheKugayama徒たちが関心を抱き、自主的に全校生徒に向けたアンケート調査を実施したことTmes』の編集長を務めています。実は先Tmes』の創刊に携わった編集委員の生益田方の試合観戦に行った時、男子と女子の声援がひとつになるところに感動しました。これからもどんどん応援に来てもらいたいです。須﨑通して感動を共有できる喜びが大きいですし、プレーのひとつひとつから刺激をもらうことがよくあります。私は女声合唱部ですが、男子の応援に参加するというのが、入学以来の〝当たり前〟になっています。鍵本接点はありません。ですが、全国大会の応援には進んで参加しています。家でも、スポーツやイベントの時は〝共学〟として青春を謳歌できるところがいいと、そんな話を家族としています。髙橋たちの立ち位置、距離感のようなものを、それぞれが上手にコーディネートしていると感じます。青春時代には異性の目が気になって仕方がない時期もあると思いますが、やはり男女とも成長していく中僕はバスケットボール部です。先輩私たち女子からしたら、全校応援を私も華道部で直接、スポーツとの皆さんのお話を伺っていると、自分います。鍵本久我山は別学と言っっててもも、、自自分分次次第第で共学の魅力も味わうこととががででききるる、、ああ言えるのではないでしょううかか。。女子す校。とこ位の置荒づ削けてり、なそのの知まま識まま運卒卒用業業すすがるる不思議なもの人がいてもいいですし、共学学ととししててのの経経験験を積でん、で年、を卒業追しうてごいとくのにもも精味味度わわいいが深深増いいしととてくる。例え益田か っどたち部ら分かとにい目うがと届、、久久く我我よ山山ははう男男に子子なってくるのの運動部が目立つ学校かももししれれまませせんんがが、、文化部で生き生きと活躍ししてていいるる友友人人ももいます。そのあたりのことともも含含めめてて、、別別学学だけど共学の魅力も味わええるる久久我我山山のの良良さを、もっとたくさんの人人にに知知っっててももららいいたいです。髙橋そのとおりですね。。男男子子部部とと女女子子部、それぞれに分かれて学学ぶぶメメリリッットトもも体体感してもらいながら、時ににはは〝〝共共学学〟〟とといいう空間の中で、自分の居場所所をを見見つつけけててみみるのも、とても有意義なここととだだとと思思っってていいます。55国学院大学久我山中学高等学校 副校長髙橋 秀明先生思阿い部ば男ま、子す問その。う題魅かをも力解しはいれ、まて荒せい削んんてりねねも。。な男男、好今子子校校奇まやや心でと気実が行付力かでな2年 バスケットボール部益田 アレクサンドルくん男子部共

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る