国学院大学久我山中学高等学校|デジタルパンフレット
7/32

互いを尊重し、高め合う久我山の学校生活は、男女別学制が基本です。しかし、「共働」の名の下に、男子と女子が互いを尊重し合い共に成長することができる貴重な機会も多数あります。尊重と成長働()()()  68国学院大学久我山中学高等学校「伸びやかに、しなやかに、たくましく」とつぶやい2年 サッカー部て阿部 耀生くんみてください。他者を尊重し、多様な生き方を認め合い、社会に貢献できる人として成長できるよう、この久我山で、仲間と支え合い学び合っていってほしいと思います。女子部長2年 華道部鍵本 美怜さん川本ゆり子『TheKugayammaa髙橋副校長以下、髙橋珍しい、男子部と女子部に分かれて学ぶ「別学」の学校です。皆さんが学校生活の中で、男女の「共働」を意識するのは、どのような時ですか?鍵本久我山祭文化祭の実行委員長を務めた際に意識したのは、男女の意見をどれだけ公平に取り入れるかでした。男子目線と女子目線の両方がなければ、本当の意味で学校全体で楽しむ文化祭にならないからです。阿部 体育祭の競技や種目を決める時も同様です。男子のやりたいものと女子のやりたいものは異なるからです。そこはじっくりと話し合って決めています。益田 久我山祭で僕らのクラスは映画を 本校は都内でもがあるのです。鍵本 どんな回答があったのですか?髙橋 おもしろいことに、受験界の〝常識〟は覆されました。男子は心身の成長と共に、「隣に女子がいた方がいい」と言い、女子は「別学も意外に楽しい」という意見が多数を占めたからです。私たちはこの結果を、別学の奥深さと捉えると共に、他校にはない久我山の唯一無二の魅力だと考えるようになりました。阿部 よくわかります。僕はサッカー部ですが、全校応援で女子部の声援を受けると、ものすごく励みになります。極端に言えば、ボールを蹴る力も強くなるかもしれません笑。性別を超えて相手を尊重すするるここととをを学学びび、、大人中へ学の・階高段校をのしっ日か々りはとと人昇昇っっとててし行行てっってて成もも長するとてもらい大た切いなですとねき。です。学校生活の中では、たくさ阿部ん の別種学がとい蒔っかてれも、ま授す業業をを。授中中心心業・とと部ししたた活動・委員会活男子部・女子部のそれぞれのの日日常常ももああれればば、、男女動・共行通事のク、こラれブ活ら動すももべ多多て数数がああ一りり粒ままのすす種。。となります。そんそなこメにリハ水リをもやいいりと、思思太いい陽ままのすす光。。を照らし、花を咲益田か せ体て育い祭くやの久は我山、一祭祭人だだひけけとででりななのくく、、心男男持ちです。女の交流がある『芸術鑑賞賞会会』』やや『『ススキキーー教室』といった校外行事も楽楽ししいいでですす。。須﨑活動は本当に楽しいですすしし、、男男女女一一緒緒ににひとつのものを作り上げるる過過程程のの中中ににもも、、私が感じる久我山の青春ががああるるとと思思っっててiiTTmmeess』』ののでで伸し、飾ょらうびな。そいやん話なかを自し然にたなく、振ななるるるるるし舞舞舞ここいいいととのののなもも中中中やああかかからららるるか、、に、たくましく女子部

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る