杉並学院高等学校|デジタルパンフレット
10/24

SILSS (Sugigaku Individual Learning Support System)とは、毎日の授業と連携して生徒一人ひとりの学習効果を高める学習支援システムです。大学等へと自ら進む道を標して挑戦しようとする生徒の放課後学習を支援する、杉並学院独自のものです。学習室の利用SILSS 講習夏期講習冬期講習春期講習SILSS 個別指導SILSS 個別指導SILSS 個別指導SILSS 自習室大学受験指導経験の豊富な運営サポーターがSILSSの学習室に常駐しているため、参加生徒は受験に向けた様々な相談をすることができます。学年や教科担当教員との連絡・調整も行なっているため、今、生徒にとって何が必要かを見定め、適切な助言を行うことができます。また、定期的に生徒一人ひとりと面談し、個別の学習カリキュラムを作成することで、継続的かつ持続的な学習の進捗管理を行っています。運営サポーターとは、SILSSの統括マネージャーのことです。SILSS個別指導受講生は、年間48回(週1回ペースで受講の場合)、1コマ50分の対面型個別指導を受講します。きめ細やかな対面型の指導だからこそ、生徒の苦手をそのままにすることなく指導していくことができます。また、生徒の学力レベルや志望校に合わせた個別のカリキュラムを作成し、確かな理解に基づく実践力を養成していきます。受講後は、講師が当日の授業に対するコメントを生徒のマイページにまとめており、生徒自身が閲覧・返信することもできます。SILSS個別指導受講生は、日曜を除く毎日4時間、SILSS個別指導学習室にある一人ひとり区切られた個別ブースを利用できます(平日16〜20時、土曜13〜17時)。ここには難関大学在籍・出身のチューターがおり、分からないところをすぐに質問できる環境があります。SILSS自習室では、落ち着いた環境で自習することが可能です(平日18時まで、土曜15時まで、長期休業中9時〜16時)。また、職員室にも近く、すぐに質問に行くことができます。夏・冬・春の長期休暇中に行われるSILSS講習を、生徒はすべて無料で受講することができます(一部教材費のかかる講座あり)。基礎力強化から応用演習まで、難関大学の突破に向けた講座だけでなく、GTECやニュース検定など、資格試験突破のための講座まで幅広く開講されています。本校教員が担当しているため、授業のレベルを踏まえた内容となり、事前・事後指導が充実しているのが特徴です。09School Guide 2022SILSSでは、日々の学習を支援するさまざまなコンテンツを用意して、運営サポーターによるカリキュラム作成生徒一人ひとりの目標達成をサポートします。対面型個別指導希望の進路の実現日々の授業SILSS 個別指導SILSS 自習室SILSS 講習SILSS 映像講座SILSS (杉学個別学習支援システム)

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る