杉並学院高等学校|デジタルパンフレット
19/24

毎年夏休みを利用して、オーストラリアの姉妹校であるワーナーズベイハイスクールへ短期留学ができます。異文化圏での生活体験や語学研修を目的とした2週間のプログラムです。英語に囲まれたホームステイ生活によって、語学力の向上だけではなく、異文化に対する理解も深めることができます。また、シドニーの名所(オペラハウス)や博物館などをめぐり、先住民族について学ぶ機会も設けられています。また、秋にはワーナーズベイハイスクールからの交換留学生が杉並学院へ来校し、生徒たちの家庭にホームステイします。日本語学習だけではなく、書道や華道など、伝統的な日本文化に触れるプログラムを楽しみます。帰国後も生徒同士でメールや手紙のやり取りを続け、国際的な交流による絆が毎年生まれています。日馬さん: 海外に興味を持つようになったきっかけは大好きなサッカーでした。1年間の留学に参加しながら、高校を3年間で卒業できる点に魅力を感じて杉並学院に入学を決めました。日馬さん: リスニング能力が飛躍的に向上し、留学前は歯が立たなかった英語検定準1級に帰国後は楽々合格できました。しかし、語学力よりも大きな財産は主体性が身に付いたことです。また、現地の授業を通して「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」ことの楽しさを知りました。関根先生:長期留学に挑戦しようと思ったのは  どうしてですか?関根先生:留学して成長を感じた点は?オーストラリア姉妹校の生徒とメールでお互いの母国語を教え合い、現地に送る日本文化紹介ビデオの制作に参加することができます。姉妹校の生徒は日本語を、本校生徒は英語を学び、文化や風習を紹介しあいながら交流を深めます。英語部の生徒は、オーストラリアから交換留学生が来校した際の特別授業に参加します。季節のカード交換やプレゼン映像のやり取りなど、年間を通じて交流を楽しんでいます。世界に羽ばたく夢をかなえるために、杉並学院では、英語4技能の育成と国際文化の理解を目的とした、中長期留学や短期留学などのプログラムを用意しています。【留学先】オンタリオ州トロント郊外ロンドン地区の公立高校中期(4カ月)・長期(10カ月)の留学は、異文化に対する理解を深め、自らの意見を発信する力を養うことを目的としています。異国で多様な価値観に触れることにより、語学力はもちろん、コミュニケーション力や柔軟性に富んだ思考力が身に付きます。また、異文化に触れるからこそ日本文化への新たな視点を獲得し、視野を広げることができます。事前学習では留学生活を円滑に進めるための英語研修やホームステイの心構えなど、異文化交流のための基盤を作ります。また、帰国後は報告会やレポート作成などを通して、英語力を保持するサポートを行います。日馬くん: コロナ禍による自粛生活です。学校からの課題もオンラインになりましたが、生活リズムを崩さず、計画的に勉強や運動に取り組めました。その結果、成績優秀賞を獲得できました。心身の健康を保ちながら、ホストファミリーとの交流を楽しんで有意義な時間を過ごせました。日馬くん: 立教大学異文化コミュニケーション学部へ進学します。文化が異なる者同士でも、会話によって問題を解決し、仲を深めることができると留学中に身をもって学びました。世界中で起きている紛争も、武力ではなく対話によって解決したいという思いが強くなりました。将来は国際連合やNGOに勤め、平和の実現のために尽力したいです。日馬さん: やりたいことは、どんどん口に出して周りに発信していくことが大事です。カナダで移民の生徒たちと出会い、声を上げることの大切さをより強く感じるようになりました。周囲の協力も得やすくなり、自分でも夢を叶えるために行動できるようになります。まずは声に出してみましょう!関根先生: 留学中に苦労したことは?関根先生: 高校卒業後の進路は?        関根先生: 留学への挑戦を迷っている後輩へ一言!将来、留学経験をどう活かしていきますか?【英語科】関根先生日馬さん×18留学に参加しない全校生徒を対象とした取り組み短期留学(オーストラリア)中長期留学(カナダ)SUGINAMI GAKUIN2022Q.Q.Q.Q.Q.留学経験者に聞いてみました!留学制度年間スケジュール国際教育(短期留学・中長期留学)

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る