専修大学附属高等学校|デジタルパンフレット
29/36

17821月下旬〜2月下旬(約1ヵ月):専修大学進学決定者延世大学韓国語学堂春期留学プログラムに参加●●●●●●■図書館概論■日本近代法史Ⅰ■法と社会■簿記論ⅠA・ⅠB■商学基礎Ⅰ・Ⅱ■商法総則■世界の言語と文化(中国語)■日本近代法史Ⅰ・Ⅱ■歴史と社会・文化■企業と会計■教育学入門■芸術学入門58月・11月:2年生全員43月:全学年希望者31月下旬〜2月下旬(約1ヵ月):専修大学進学決定者ワイカト大学(ニュージーランド)春期留学プログラムに参加611月:全学年希望者− 29 −2月:専修大学進学決定者各学部の入門講座専修大学入学前に各学部の先生方から大学生の心構えや学部の授業について講義を受けます。また本校卒業生による大学生活の紹介もあります。オープンキャンパス・模擬授業/附属フェスティバルPoint1Point2Point317ページもCheck!専修大学附属高校専修大学17ページもCheck!「商学基礎Ⅰ・Ⅱ」を受講3年間4年間連 携2019年度の受講実績【科目等履修生】(3年生:12名)■学習心理学1 (学習・言語心理学)■学習心理学2専修大学 国際コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科専修大学に「科目等履修生」(3年生希望者)もしくは「聴講生」(2・3年生希望者)として通い、大学生と一緒に授業を受講できます。進学希望学部のナマの講義を1年間じっくりと受講できる、まさに先取りプログラムです。「科目等履修生」は、専修大学に入学した場合、大学の単位として認定される制度です。高校在学中に大学の単位を先取りできます。専修大学主催の海外留学プログラムで、修了すると大学入学後に単位認定されます。レベル別少人数クラスで世界各国の留学生と共に学び、国際感覚を養うことができます。専修大学が主催する海外留学プログラムに大学生と一緒に参加します。約1ヶ月の留学生活で着実な英語力アップを実感することができます。本プログラムを修了すると、大学入学後に単位として認定されます。専修大学神田キャンパスの法廷教室で、兄弟校の専修大学松戸高校と検事側・弁護側に分かれ、専門家の指導を受けながら、模擬裁判を行います。専修大学へ進学した先輩が本校を訪れ、大学生活の様子を話してくれたり、相談に乗ってくれるので進路や学部選択の大きなヒントになります。高校在学中から大学を理解できる大学の充実した施設を利用でき、大学を体感できます。大学の講義を実際に先取りして受講できます。大学生と交流することにより、大学生活の具体的なイメージが把握できます。将来のビジョンをしっかりと考えられる7年間という大きな時間枠で考えられます。受験勉強に偏らずに学べます。将来の職業、仕事を視野に入れて学べます。 専修大学のキャンパスで実際の授業を体験。進路決定のための貴重な情報を得ることができます。通年:全学年希望者資格講座の受講専修大学が主催する司法試験対策講座など、さまざまな資格講座を受講することができます。【聴講生】(2年生:6名、3年生:1名)■教職入門■商学基礎Ⅰ■世界の言語と文化 (フランス語)■データ分析入門Kさん(令和元年度 科目等履修生)高校とは異なった雰囲気や講義の仕方、受け方を大学入学前に体験することができてとても良かったと思います。高校の授業や部活動との両立が大変だと思う人もいると思いますが、コツコツ学習していけば大丈夫です。解らない問いの時に教授に質問しやすい前方の席に座るのがお勧めです。Kさん土曜講座の韓国語講座で培った力をより伸ばそうと、研修に参加しました。全ての授業が韓国語で行われるため、韓国語を使わなければいけない環境の中で不安もありましたが、身振り手振りを交えながら少しずつコミュニケーションを取れるようになりました。韓国の伝統や文化に触れながら語学にも集中することができ、とても充実した時間を過ごすことができました。高大連携のメリット模擬裁判ひと足お先に大学生先輩と語る会高大連携システム

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る