中央大学杉並高等学校|デジタルパンフレット
18/36

17CHUSUGI GUIDE BOOK 2023高大一貫校だからこそ作れた縦のつながりが私を支えている司法試験に向けて勉強に励む日々この学校での学びが、私の支えに中杉で過ごした3年間で知識や経験を培い、夢を見つけて大学へと進学していった先輩たち。中杉で打ち込んだこと、学んだこと、将来の夢などを聞いてみました。中杉は先輩や先生とのつながりが強い学校です。大学では子どもの学習支援をするボランティアに携わっていますが、高校の先輩も所属していて、今でも協力しながら運営しています。中杉生と合同のイベントを企画した際には、高校時代に築いた先生との深いつながりによってスムーズに連携できました。高校時代は学業とバレー部のハードな練習、模擬裁判の3つを同時にこなした経験もあり、そのとき培った自信や時間管理が今に活きています。中央大学 文学部人文社会学科国文学専攻3年工藤千愛さん高校生活は、勉強と野球部の練習に全力で打ち込んだ3年間でした。テストと大会が重なる時期は大変でしたが、隙間時間を活用して勉強するなど、どちらも妥協することなく取り組めたことが自信になっています。将来の夢は弁護士。大学では司法試験合格に向けて忙しい毎日を送っていますが、中杉で学んだ時間の使い方が役立っています。中央大学には法曹を目指す学生が多くいます。彼らに負けないよう、取り組んでいきたいと思います。中央大学 法学部法律学科3年倉田孝太朗さんINTERVIEW卒業生編

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る