日本大学鶴ヶ丘高等学校|デジタルパンフレット
5/20

数学地歴公民国語英語理科芸術家庭情報保健体育04自然現象を丁寧に探究することで、あらゆるものの関わりが見えてきます。体系的な知識を追求し、科学的思考力の定着を目指しています。▶2016教員に導入▶20171・2年に導入▶2018全学年に導入完了ICT×進路の充実▶2020活用は標準装備伝統的な言語文化への理解、現代社会の諸課題と向き合う論理的思考力、国語教育を通じて豊かな見識を持ち、自己の判断や行動につなげる力を養います。スポーツを通じて協働し、豊かな資質・能力を育てる。生涯にわたり豊かなスポーツライフが送れるよう、多くの領域を学習・経験します。また、健康・安全に関する内容を総合的に理解していきます。小学校から学んでいる社会的な見方・考え方(空間的な広がり、時間の流れ、概念的な枠組み)の質やそれを生かした問いの質を深め、一つひとつの知識をつなげ、見通しを持って粘り強く取り組む力を伸ばします。読解力で枝葉を整理し、本質を捉え、表現を的確にした上で論理的な説明ができるように、基本的な技術を習得します。時事問題を取り入れた質の高い教材を活用し、英語を通して幅広い知識や教養を身につけます。芸術を通してモノの見方・考え方を学び、生涯にわたって芸術を味わい人生を豊かにするための礎を築いていきます。ICT×授業ICT×LHR・Classi自己と他者、社会について考え続ける力を養う。主体的な学びを実践し、科学知を高める。情報化社会で必要なスキルの基礎を身につける。情報と情報技術を活用し、問題を発見・解決する方法についての知識と技能を身につけ、情報社会に主体的に参画する態度を養います。社会的な見方・考え方を深める。健康で安全な生活を自らの手で創造するために。自立に向けた「考える力」と「生きる力」を養い、自らの人生設計に当てはめながら実践していく意識を大切にしています。「なぜ」から始まる数学的読解・論理・表現。グローバルな教養と思考力で世界とつながる人間へ。「芸術」を学ぶ。「芸術」で学ぶ。バランス力ICT×進路職業理解や大学研究などで得た情報を、ポートフォリオとして蓄積し、進路実現につなげています。また、校内で受験する模試の目標設定や振り返りも、デジタルツールを用いながら取り組んでいます。ICT×文化祭2020年度から始まった「オンライン文化祭」。生徒同士が意見を交わし、助け合いながら創作する楽しさは、オンラインでも変わりません。著作権を守りながら、表現の自由を確保することの難しさを学びつつ、ICT×文化祭ならではの技術を磨いています。ICTの歴史知識技能表現力思考力判断力つなぐ総合力教科指導の理念 ツルガオカ「知識のルーツ」の顔

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る