昭和鉄道高等学校|デジタルパンフレット
3/12

2年次からの選択授業で幅広い進路に対応共 生創 造自 律鉄道会社を中心としたインターンシップ、車両工場の見学、現場で実際に使用されている機材に触れる鉄道基礎実習など、生徒の進路に役立つ実践的な学習に力を入れています。5日制普通科高校以上の授業時間数を英数国などの一般教科で設定。専門科目に加えて、充分な時間数が確保された一般教科で実力を養い大学合格の夢を達成しています。また、併設する豊島学院高校の生徒と一緒に学習できるプログラムも用意されています。1年次では共通のカリキュラムで学び、2年次からは「運輸サービスコース」と「運輸システムコース」に分かれ、「文系大学進学」「鉄道就職」「理系大学進学」等の進路を選択。また、選択科目に公務員対策も設定しています。昨年度から2年生と3年生が一緒に学ぶ選択授業を用意。この選択授業は、今まで特定のコースしか受けられなかった科目もコースを超えて選択できます。また、増加している公務員希望者を手厚くサポートするための選択授業も設けています。社会は今、大きく、変容しています。その中でも変わることなく求められるもの。それは人と人とのコミュニケーションであり、ホスピタリティーマインドです。本校の使命は、絶え間なく変化する社会で通用し、かつ積極的に社会貢献できる人材を育成すること。そして生徒一人ひとりが持っている素直さや人柄を尊重し、大切にしていくことです。[ 昨年度4年制大学指定校枠 ]日本大学・東京電機大学・千葉工業大学・大東文化大学・拓殖大学・城西大学 等 約50校 160名以上1年生・3年生を対象にした進路集中対策「進路ウィーク」を6月に実施。1年生には、学習習慣の見直し、様々な職種に就いている先輩の話を聞く講演会など、3年生には就職・大学入試に備えて実践的な力を身につける指導を行います。社会人としての必要なマナーを身に付けていくことも大切な教育だと考え「ホスピタリティーマインド」の授業を設定。日常の業務で役立つように身だしなみ、 挨拶、敬語の使い方などを身につけていきます。生徒一人ひとりが「自律」「創造」「共生」を身につけていくことを目標としたグループディスカッションや探究活動など、主体性を重視した活動をロングホームルームのなかに積極的に取り入れています。★2017年度、第11回キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰(学校の部)受賞自動車産業・バス会社 等国家公務員・地方公務員・そのために掲げている教育目標が『自律』『創造』『共生』です。そんな本校が皆さんにお伝えしたいことは、ただひとつ。「人生を豊かにするために、高校3年間はいろいろなことにチャレンジしてください!」ということです。そのための多彩な取り組みが、ここにはあります。警視庁 等車内サービス/ホテル業車両製造メーカー小売り・ショッピングセンター事業不動産事業/スポーツ&レジャー事業保育事業/介護事業出版・広告・情報サービス事業人材サービス事業 ほか02『自律』・『創造』・『共生』の『3つの力』を兼ね備えた人材を育成する。1.規律性2.自己管理能力3.安全管理能力4.主体性運輸工務車両電気駅務車掌運転士本社部門昭和鉄道高等学校大  学短期大学専門学校鉄道会社一般職助役・区長・指令一般企業公 務 員進 学鉄道企業の関連業種1.創造力2.課題発見力3.課題解決力SHOWA TETSUDO LIVE MAGAZINE | TRENO |1.多様性理解力2.発信 ・ 傾聴力3.協働力昭和鉄道の教育実践的な学習で鉄道企業などへの就職に応える公立高校普通科以上の授業数4年制大学への進学を支えるあらゆる進路に応えられるコース設定集中的な進路対策を実施将来に役立つホスピタリティーマインドを養うロングホームルームを通じて主体性を磨く卒業後は、多彩な進路が用意されています。[ 昨年度求人会社数 ] 鉄道、鉄道関連企業100社以上一般企業400社以上教育目標

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る