豊島学院高等学校|デジタルパンフレット
6/16

主な教育プログラム● 英検・Literas論理言語力検定などの資格取得サポートの拡大SDGs(持続可能な開発目標)では、国際社会共通の目標として17の目標が掲げられています。本校では、「SDGs」の視点を授業やホームルーム活動などで生かしていきたいと考えています。貧困や飢餓など、世界の中で起こっていることを自分のこととして捉えることで、どうしたら解決できるのか、自分にできることは何かを意識的に考え、世界や社会に貢献のできる人間性豊かな人材を育成したいと考えています。英語は「読む・書く・聞く・話す」の4つの技能に重点が置かれます。さらに、国語と数学を含めた他の教科でも、何を知っているかという「知識・技能」だけではなく、知っていることを使って、社会・世界とどのように関わり、より良い人生を送っていくかも課題とされており、そのためには「思考力・判断力・表現力 」を身につけていくことが重視されています。2022年度からの学習指導要領改訂を踏まえながら、英語の4技能やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などを含めた総合的な「言葉の力」を充実させることに注力しています。主な教育プログラム● 朝学習:言語力ドリル(読む、書く) ● 小論文チャレンジノート ● 年2回の小論文模試 ● 漢字統一試験 ● ディスカッション ● ディベート● 志望理由書指導 ● 勉強合宿● 弁論大会(ビブリオバトル): 書籍をどのように魅力的に伝えていくか。本校では「言葉に強い生徒を育てる」ことを教育の重点目標のひとつに掲げています。例えば、英語が苦手な人は英語で深く思考することができないように、乏しい言語能力や語彙力では狭い世界しか見ることができません。思考を深め、視野を広げるためには、語彙力を豊かにしていくことが大切です。語彙を増やし、国語の力が上がると、長い文章や図・グラフなどを読み込み、自分で思考を深めながら答えにたどりつくことができます。「言葉に強くなる」と、英語の長文読解能力も、地歴の教科書も、数学の文章問題も、理科の現象説明にも活用できます。これが小論文や自己PR、志望理由書などの文章構成力にもつながっていきます。進路指導にあたっては「生徒が自分で決断する」「誰一人取り残さない」の2点を大切にしています。職業選択では、どんな職業に将来就きたいかではなく、人のためにどのような貢献がしたいかという視点を大切にしています。「YouTuber」という職業は、10年前にはなかった職業ですが、今までなかった職業が10年後に新たに生まれ、社会で認知されていくかもしれません。逆に今ある職業は将来なくなっている可能性もあります。そのために、職業を絞りこむのではなく、職業の選択に広がりをもたせる進路指導を行っています。例えば、子どもに興味がある場合には、保育士や小学校の先生をはじめ、小児科医、遊園地の設計士、漫画家などの職業選択もできます。柔軟性や幅の広い視点が身についていくことで、大学進学の際の学部や学科選択に役立っていくはずです。● 語彙力 ● 記述力 ● 伝達力 ● プレゼンテーション力 ● 討議力 ● 問題解決能力 ● チーム力(協働力) ● 発表力 ● 調査研究スキル● メディアリテラシー ● 自分の現在の知識状態の認知能力(メタ認知能力) ● 自立した行動力 ● 時間管理能力 ● 計画立案能力 ● 分析能力 ● 計画修正能力 ● 自己管理能力「言葉を強くする」ために高校生活でさらに伸ばしてほしい能力 05「SDGs」を授業で導入「読む・書く・聞く・話す」の技能を重視「言葉に強い生徒を育てる」「生徒が自分で決断」「誰一人取り残さない」豊島学院の教育01020304

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る