大東文化大学第一高等学校|デジタルパンフレット
9/32

海外からの様々な学校の研修グループを招いて、日本の学校生活を体験してもらったり、異文化交流をしたりする取り組みが「ホスプロ」です。各クラスでの授業や掃除の時間に多くの生徒と交流するので、一高生にとっては最も身近な国際理解教育の場となっています。これまで、10ヶ所を超える国や地域から海外の生徒を受け入れてきました。それぞれの研修グループとはたった1日の短い交流ではありますが、生徒たちには大きな刺激となるようです。来校する生徒、受け入れる一高生とも、楽しい時間を共に過ごすことを大切にして取り組んでいます。「国際交流委員会」を設けています。短期研修やホスプロで来日した生徒を受け入れる際、訪日団と各クラスを繋ぐ役割を担います。おもてなし交流では、訪日団への東京の街案内も行います。本校の国際理解教育の取り組みを来場した皆さんに伝えることも、国際交流委員会の大切な仕事になっています。本校には委員会活動の一環として文化祭や入試のための学校説明会で、DAITOHOSPITALITYPROGRAM公式Facebook 授業交流(書道体験) 掃除交流 部活交流 おもてなし交流(街案内)09海外生徒の名前に漢字を当てはめ、日本の生徒が書き方を教え、墨と毛筆を使って書きます。海外からの生徒の受け入れ時に活躍する英会話(総合外国語)週に一度、オールイングリッシュで英会話を学びます。ネイティブの講師と様々なテーマを語り合い、英語に親しみます。授業が終わったあと、帰りのホームルームに参加し、日本の生徒たちと一緒に教室を清掃します。隔週毎に実施する小テストで、中学英語の学び直しを含む基礎固めや学習習慣の定着を図ります。Daito Fundamental Test国際教育部ホスプロ担当(英語科)井原 佳代教諭放課後には海外の生徒は好きな運動部、文化部に分かれて部活動に参加します。夏期・冬期・春期講習で英検対策を実施。1・2年で準2級、3年で2級を目指し、全員が受験します。「おもてなしの精神」で海外の高校生を歓迎英検対策本校の短期研修受け入れプログラムの一環で、少人数の班編成で都内近郊を案内します。学期に一度、LHRに実施。全生徒一斉に共通の英単語テスト100問に挑戦。英語の基礎体力を養います。単語フェスティバル    語学力向上のため、様々なプログラムを取り入れています。生徒国際交流委員会大東ホスピタリティプログラム(ホスプロ)

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る