法政大学中学高等学校|デジタルパンフレット
9/28

社会の仕組みを学び、その社会の担い手としての判断力、共感力、想像力を身につけることを目指します。教室や高校棟各フロアの明るい雰囲気のラウンジで昼食を楽しみます。食券を購入すれば食堂での定食ランチも楽しめます。高1で「音楽Ⅰ」「美術Ⅰ」のどちらかを選択します。実技だけではなく教養として座学分野も学びます。自分の将来を見据え様々な分野の設置科目から選択します。普段の授業とは異なり教養を深めるだけではなく、大学の授業を先取りした内容のものもあり生徒自身の世界観を広げることに繋がります。基礎的な計算力と理論的な思考力を身につけます。更に将来を見据えた知識や学力を身につけることを目指します。受験にとらわれず部活動や委員会活動に取り組むことができます。学習活動とは違い、学年やクラスを超えた信頼関係を構築していきます。2022 SCHOOL GUIDE高校編Point 01Point 02高校では文系理系といったコース分けをせず、生徒の多様な目標に対応するため高校 3 年間ですべての教科を学習します。自らの目的や進路に応じた発展的な内容の選択授業を通し、卒業後「自ら学ぶ」ことができる力を育てます。学習と諸活動を豊かにする関係性の構築高校から新たに加わる約100名の生徒と、法政中学から進学する約140名の生徒は、高1から混合クラスで生活します。そうすることで互いに新たな刺激を与え合い、学び合うことができます。高度になる各教科の学習と、諸活動との両立を図り充実した学校生活を送るためには、友人関係やクラス・学年の団結力が重要となります。その新たな関係性を4月の入学後に行われるオリエンテーションで構築し、その後の様々な行事を経験することで団結力はさらに強いものに変化します。法政高校の1日※時間割はイメージです9:402限目 コミュニケーション英語様々な分野の英文を読み、理解する力・速読する力を養います。そこから自分の意見を考えアウトプットする発展学習に繋げます。13:205限目 芸術大学進学後の専門的な内容やスキルの先取り高2・高3での必修選択授業では、生徒自身が自分の進路に必要な知識や教養を獲得するためにも、自ら選択して学びます。自然科学や人文・社会科学、語学など文系と理系の両方の領域から選択でき、マスコミ、ビジネス、法学や簿記といった大学での学びの入門的な内容のものもあります。高2・高3と学年をまたいだゼミ形式の授業では、文献の輪読や調査、ディベート・プレゼンなどを生徒同士が協力して進めます。付属校ならではの、受験にとらわれず「一歩先」をいくことができます。 088:401限目 社会12:30お昼休みなりたい自分に向かって具体的に行動する10:403・4限目 必修選択授業14:206限目 数学15:10課外活動CurriculumOne day Schedule将来を見据えた多彩な授業内容

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る