玉川学園|デジタルパンフレット
13/28

■玉川学園IB教育の特色[時間割モデル] ■:英語での授業 ■:日本語での授業 I&S:社会 SL:Standard Level HL:Higher Level■MYP(7年生)時間割モデル](2022年度)■DP(11年生)時間割モデル](2022年度)[玉川学園の全人教育とIBの教育]創立以来、世界を視野に入れた教育を実践してきた玉川学園は全人教育を教育理念とし、「12の教育信条」を掲げ、その理念を追求してきました。それは、IBの基本理念と合致しており、双方の教育成果を高める相乗効果となって表れています。[クラス構成とカリキュラム]1クラス最大25名を目安とし、6年生から一貫教育体制の下で行われています。カリキュラムは、MYPをDPでの学びの基礎作りと位置づけ、以下の通りに組まれています。●特性 日本の一条校として、日本の学習指導要領に沿いながら、IBのカリキュラムを履修します。●言語学習 MYPからDPの学習を通して日本語と英語をしっかりと習得し、日本語と英語の両方で考え、発信する力を身に付けます。学年があがるにつれて英語で行う授業の割合が高くなります。●奉仕活動 玉川学園の労作教育を大切にしており、MYPはService at Tamagawa、DPではCreativity, Activity, Service(CAS)を行います。●学習を統合する課題の集大成 生徒それぞれが自分で決めたテーマをもとに6〜8年生は自由研究を行い、9・10年生はPersonal Project、DPでは課題論文(EE)を行います。詳しくは、別冊IBパンフレットをご覧ください▶7:45〜8:108:20〜8:308:40〜9:309:40〜10:3010:40〜11:3011:40〜12:3012:30〜13:1013:15〜14:0514:15〜15:0515:15〜15:2515:30〜16:2016:25〜17:15時 間月火水木金月火水木金English/Japanese Morning Support礼拝SCIENCEI & SSCIENCE国語日本語国語日本語ENGLISH音楽保健体育ENGLISH技術・家庭ENGLISH美化労作委員会LHRMATHSStudy Hall(IB)Study Hall(IB)Homeroom技術・家庭ENGLISH国語日本語ARTI & SSCIENCEMATHSMATHSLUNCHMATHSI & SSCIENCE美化労作Homeroom自由研究Study Hall(IB)Study Hall(IB)[BYOD(Bring Your Own Device)] IBプログラムでは全学年でBYODを導入しています。128:20〜8:308:40〜9:309:40〜10:3010:40〜11:3011:40〜12:3012:30〜13:1013:15〜14:0514:15〜15:0515:15〜15:2515:30〜16:2016:25〜17:15時 間保健体育保健体育ENGLISHARTIB Core音楽ENGA HLENGB HL国語日本語ECO HL/SLFLM SLBIO Hl/SLESS SLPHY Hl/SLPHY Hl/SLBIO Hl/SLBIO Hl/SLESS SLESS SLPHY Hl/SLPHY Hl/SLHomeroomMAA HLMAA SLMAI SLECO HLART HLBIO HLPHY HL礼拝TOK国語日本語中国語国語日本語中国語MAA HLIB Core音楽国語日本語中国語国語日本語中国語ENGA HLENGB HLHIS HLLUNCHECO HLART HLBIO HLPHY HLMAA HLHIS HL国語日本語中国語保健体育HomeroomBIO Hl/SLESS SL保健体育ECO HL/SLECO HL/SLECO HL/SLFLM SLART HL/SLCHE SLHIS SL/HLART HL/SLMAA HLMAA SLMAI SLCHE SLHIS SL/HLTOK国語日本語中国語ART HL/SLCHE SLHIS SL/HLART HL/SL保健体育CHE SLHIS SL/HLENGA HL/SLENGA HL/SLENGB HL/SLENGB HL/SLENGA HL/SLENGA HL/SLENGB HL/SLENGB HL/SL国語日本語中国語MAA HLMAA SLMAI SLFLM SLFLM SL

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る