国際基督教大学高等学校|デジタルパンフレット
6/18

111111333221322111111115人03_ICU High School村田 周平 一般生戸上 絵理 帰国生川村 良 一般生バスマジェ(桑野)詩織 帰国生李 潤世 一般生荘司 洋平 帰国生森田 早貴 一般生「こんなに現場の『全員』ときちんと話す監督は初めてです」。これは近頃、CMなどの制作現場でクライアントや制作スタッフから立て続けにかけられた言葉です。私はどんな現場でも、役職や所属に関係なく必ず全員と話し、意見やアイデアを引き出すよう努めています。他人は絶対に自分にないものを持っているからです。そしてそう信じさせてくれたのが、ICU高校での経験です。学友たちは本当に多様で、誰と話しても驚きと発見がありました。見た目やグループで相手をジャッジする文化がないのでとにかく毎日が楽しく、こんな環境は他にはないと思います。ICU高校で身についた感覚のおかげで、この先に待つ多くの出会いも楽しみでしかたありません。映像ディレクター村田 周平現在は人と動物の感染症を専門とする獣医師として、WHOで新型コロナウイルスの感染症対策に携わっています。国際社会で仕事をする上では世界の人の多様性に慣れる一方、日本人としてのアイデンティティを確立することが望ましく、英語で模擬国連のディベートをしたり、現代文や古文を含めしっかりとした日本教育を受けたICU高校での経験が私の基盤となっています。またダンス部の活動にも没頭して達成感を味わうなど、ICU高校は帰国子女の私にとって、ありのままの自分で良い、個性的なのは長所だ、と自信をくれた大切な居場所でした。楽しく刺激的な高校生活を送れるだけでなく、将来の夢への最高の通過点としてもICU高校を自信を持ってお勧めします。戸上 絵理ICU高校の魅力は個性的な同級生です。異なる環境で育ち、さまざまなバックグラウンドや価値観を持つ同級生たちとの学校生活により、それまでの自分の狭い見識や、英語力への密かな自信は軽々と打ち砕かれました。視野を広げ、自分が本当に大切に思うものは何かを振り返る、とてもいい機会でした。現在は外資系IT企業で働いています。仕事では、自分の意見を主張する同僚とディスカッションするほか、猛スピードで開発され、過去の常識を打ち破るような製品の知識を把握していることが求められます。個性的な同級生たちと過ごし、これまで知らなかったことをたくさん吸収できた高校時代の経験は、今の仕事を行うなかでも大きな財産になっています。川村 良外資系IT企業勤務ドイツ英国イタリアフランスオランダスイスケニア赤道ギニアセネガルタンザニアチュニジアチェコギリシャアイルランドノルウェーポーランドアゼルバイジャン32297654ベルギーロシアスペインスウェーデンウクライナボスニア・ヘルツェゴビナアラブ首長国連邦イスラエルトルコヨルダンカタールサウジアラビア中国タイシンガポールインドネシア台湾香港インドマレーシアベトナム韓国ミャンマーフィリピンカンボジアスリランカ東ティモールウズベキスタン4230251515141411109663111日本186オーストラリアニュージーランドパプアニューギニア1222世界保健機関(WHO)本部獣医師獣医師として新型コロナウイルス感染症対策に従事EuropeAfrica Middle East驚きと発見の日々を経て人との出会いが楽しみに010203Asia203人Japan186人Oceania16人個性豊かな同級生たちと過ごした日々が財産10人30歳の卒業生は今01020304050607世界から、 そして 世界へ。103人

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る