明治学院中学校・明治学院東村山高等学校|デジタルパンフレット
4/24

03明治学院の創立者は、ヘボン式ローマ字や聖書の翻訳で有名な宣教医へボン博士です。1859年に神奈川に来日し、明治学院の源流となる英学塾を開きました。また、多くの宣教師が来日し、各地で塾を開きました。社会情勢の変化に伴いこれらの塾が集まり、1877年に東京一致神学校の設立に至り、キリスト教学校である明治学院の礎が確立されていきました。1887年には普通学部(現明治学院中学校)が港区白金台に開校し、1963年に明治学院東村山高等学校が東村山に開校しました。1966年には明治学院中学校が東村山に移転し、中学・高校一貫教育の体制が整いました。現在この両校は、キリスト教に基づく人格教育を「教育理念」とする中高6年一貫教育を展開しています。東村山高校創立者の武藤富男は、「贖罪と愛の教育」を唱えて、これをこの学校の精神的土壌とし、「道徳人・実力人・世界人」の育成を本校の「教育目標」として掲げました。J. C. ヘボン 神奈川に来日S. R. ブラウン 神奈川に来日G. F. フルベッキ 長崎に来日J. C. ヘボン 横浜に英学塾「ヘボン塾」を開くJ. C.ヘボン 日本最初の和英・英和辞典(和英語林集成)を完成G. F. フルベッキ 明治政府の政治顧問となり大学南校(現東京大学)の教頭に就任J. C. ヘボン・S. R. ブラウン・G. F. フルベッキが協力し、新約聖書翻訳委員会発足東京一致神学校設立新約聖書の翻訳完成東京一致神学校・東京一致英和学校・東京英和予備学校が合併し、港区白金台に明治学院を設立J. C. ヘボン 明治学院初代学院長就任井深梶之助 副学院長就任ブラウン(Brown,S.R.)J. C. ヘボンら宣教師たちが最初に居を構えた神奈川成仏寺ヘボン(Hepburn,J.C.)フルベッキ(Verbeck,G.H.F)明治学院第2代総理井深梶之助185918631867186918741877187918871889明治学院の歩み

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る